高収入を得たいという理由で、社労士の資格取得を目指す方も少なくありません。 では、社労士になると、一体どのくらいの年収を得ることができるのでしょうか? 一般的に、社労士の年収は450万円前後だといわれています。 この450万円という年収を低いと思うか高いと思うかは人それぞれだと思いますが、この金額はあくまでも平均です。 年収がもっと高い方もいれば、逆に年収が200万円に満たない方もいます。 社労士の働き方は、会社員と開業の二種類です。 会社員として働く場合は、社労士の資格を生かしつつ安定した収入を得ることができますが、普通の会社員と給料はそれほど変わりません。 開業した場合は、年収に大きな開きがあり、年収100万円ほどの方もいますし、年収2000万円や3000万円という方もいるでしょう。 どうしてそこまで開きがあるのかというと、人によってクライアントの数に差があるからです。 クライアントが多ければ多いほど収入は多くなりますが、クライアントが少ないと生活をしていくのが難しいほど厳しい経営になります。 そのため、安定を求めるなら会社員を選択された方がいいですし、高年収を目指すのであればリスクを覚悟の上で開業を選択されるといいですね。